HOME>注目記事>セルフケアとプロによるデンタルケアで改善

自覚症状に気付く前から予防することが大事

診療室

実のところ、30歳以上の人が歯を失う原因は虫歯ではなく、歯周病だと言われていることをご存知でしょうか。ですが、必ずかかるわけではありません。歯そのものにダメージを負ってしまう虫歯と違い、歯茎の炎症性が問題なのです。歯と歯根の表面に付く歯垢(プラーク)である細菌の塊、この菌の温床により重度になれば、歯茎がグラつき、大切な歯が抜け落ちてしまうワケです。堺では、日頃の歯磨き(セルフケア)の指導から定期的な検診、予防歯科としての役割を担うクリニックが点在していますから、歯周病にかかる前から定期的に通っておきましょう。というのは、歯周病はサイレントディジィーズとの異名を持つほど自覚症状に気付かないためです。

歯のグラつきなどから選んでみよう

インプラント

堺にて歯周病の治療院を選ぶ際、前提として治療実績やその道のパイオニアであるクリニックを基準に選びましょう。また、歯科医のみならず歯科衛生士などのプロフェッショナルな士業者が籍をおくこともポイントです。歯肉炎から歯周炎までならば、予防歯科を謳うクリニックで十分治療ができます。グラつき、歯茎がブヨブヨしているならば、歯を失うあるいは抜歯する可能性も考え、インプラント実績もあるようなクリニックを選びましょう。

予防歯科を基準に選ぶ

インプラント

歯周病は治療をしても再発する可能性は0ではないため、正しいプラークコントロールをセルフケアで行うことも大事です。堺では「予防歯科」にお世話になりましょう。歯ブラシによる歯磨きの指導に力を入れてくれる、あるいはそうしたデンタルケアツールを提供してくれるクリニックを基準におけば、重度にはなりません。歯肉炎程度ならば、ブラッシングだけで十分治る見込みがあります。クリニックに定期的に通いながら、必要なデンタルケアツールも併せて購入できる流れが理想的です。ちなみに、軽度ならば歯ブラシを選び、中度からはマウスウォッシュやデンタルフロスをケア法として選びましょう。

広告募集中